春は防波堤のテトラのすき間でメバル釣り

春は防波堤のテトラのすき間でメバル釣り

私は大阪湾界隈の防波堤で魚釣りをよくします。

春(4月~6月)に入ると、防波堤のテトラのすき間を狙ってメバル釣りに頻繁に出かけます。

昼間も行くのですが、春といえども、夜間はまだまだ寒いので身支度が大変ですが、メバル釣りはどちらかと言うと夜釣りの方がよく釣れると思います。

最近はルアーで狙っている人も沢山見かけますが、私はメバル釣りはもっぱら生き餌さ(ゴカイ、マムシ等)で釣っています。

いつも行くポイントは常連さんが多く、顔見知りの方が多いので、釣れない時などは世間話をしながら、まったり魚釣りをするのも楽しいものです。

春の魚釣りは色々な種類の魚が釣れ、メバルがダメな時はチヌ釣りに変更したりして遊んでいます。

メバル釣り、チヌ釣りのどちらの釣り方も昔ながらのシンプルな釣り方なので、初心者の人でも、ちょっと教えてもらえれば簡単にできるので是非おすすめしたいです。

また、チヌ専門に狙っている人は紀州釣りをやってられる方も結構いて50cmオーバーをつり上げている人も時々見かけます。

そして釣った魚をどうするかですが、20cm超えのメバルは持って帰りますが、それ以下の物はリリースしています。

持って帰ったメバルは煮ても焼いても美味しく食べれて、酒の肴には最高です。